授乳中もOKの不眠症のためのサプリメント



産後多くのママが抱えるお悩み「ダイエット」。無理のない方法、授乳中からできる方法、ママに人気のダイエット食品などを紹介しています。産後ママ必見のダイエット関連の疑問・質問、Q&Aもチェック!



授乳中も飲める不眠サプリメント | 赤ちゃんのためにも休もう

授乳中も飲める不眠サプリは?
疲れてるのに眠れない・・・
授乳中ママに足りないのは『休息成分』
授乳に育児に家事、自分のこともままならないほど忙しく、疲れているのに眠れない。
そんなお母さんはサプリで休息成分をプラスしてみましょう。

眠れないときに試したい解決法

眠れないときに行いたいこと

産後、特に初産のあとなどは常に気が張り心と体が疲れ果ててしまったり、ストレスを抱えてしまっているママも多いもの。
そんな毎日が続くと、体がうまく休息できなくなってしまい、これが不眠の原因となってしまいます。

サプリメントはうまく休めない体に休息成分を補ってあげるというものです。
その前にまずは、時間のないママでもできる、眠れないときに行いたいことを確認してみましょう。

できそうなことは、ぜひ生活に取り入れてみてくださいね。

    時間のないママでもできる、眠れないときに行いたいこと

  • 股関節などをストレッチして血流を良くする
  • ナイトドリンクにホットミルクやカモミールティーを
  • シーツやタオルケットを肌触りの良いものにする
  • リラックス系のアロマオイルを利用してみる
  • 部屋に緑を置いてみる、心が和む写真を飾る

授乳中のママもOK 睡眠サプリで休息成分を補おう

「リラックスしようと思っても思うようにくつろげない」、「布団に入ってもなかなか寝付くことができない」
眠れない原因は負担のかかっている心と体なのかもしれません。

意外と知られていませんが、質の良い休息をとるためには休息するための栄養素が必要です。
体バランスが乱れがちで生活にも大きな変化がある産後にうまく休息が取れないのは、体内の休息成分が不足してしまっていることが原因の1つとなっている場合も少なくありません。

そんな休息するための栄養素を補うことができるのがサプリメントです。

授乳中に睡眠サプリを利用する際の注意点

  • 睡眠薬成分の入っていないものを選ぶ
  • その他、妊娠中・授乳中に飲めない配合成分が入っていないかチェックする
  • OKサプリメントもお医者様に相談してからが安心
  • 粒タイプとドリンクタイプ、飲みやすいものを選ぶ

授乳中OK ママにおすすめの不眠対策サプリメント

マインドガードDX
マインドガードDX

天然ハーブの休息成分から作られた休息サプリメント「マインドガードDX」。
主原料のモリンダシトリフォリアは妊娠中の栄養不足を補うためにも親しまれています。

クワンソウや天然ノニ、赤ワイン抽出レスベラトロール、香酢などを配合。バランスを崩しがちな体をサポートしてくれます。

ドリンクタイプと粒タイプ、両方があるので、飲みやすい方を選べるのも人気のポイントです。

ドリンクタイプ

初回お試し価格:6,810円/通常価格:8,625円

マインドガードDX ドリンクタイプはこちら

粒タイプ

初回お試し価格:7,340円/通常価格:18,150円

マインドガードDX 粒タイプはこちら

北の大地の夢しずく
北の大地の夢しずく

今までにはなかったアスパラガスの休息成分抽出成分から作られました。
北海道産のアスパラガスを使用。普段食べている食材の成分です。

さっぱりとしたグレープフルーツ味、スティックタイプのドリンクで、洗い物の手間なども省け手軽に飲めるのが忙しいママにはうれしいポイント。

10%オフで1回のみの購入で解約もできる「お試し定期コース」から始めてみるのがおすすめです。

お試し定期コース:3,411円/通常価格:3,790円

北の大地の夢しずくはこちら

赤ちゃんのためにもぐっすり眠りたい授乳中 サプリで眠りをサポート

寝なきゃ疲れが取れない・・・焦れば焦るほど眠れなくなってしまう不眠。産後はホルモンバランスも乱れがちであるとともに体内時計もくるってしまいます。 それと同時に夜泣きやオムツなど赤ちゃんの心配、昼間の疲労やイライラなどからくるストレスが不眠を助長してしまい、産後は不眠に悩むお母さんも多くいらっしゃいます。

ゆっくり眠るために、アロマをたいたりハーブティーなど温かい飲み物でリラックスするよう心がけたり、ゆったりとした音楽を聴いたりして心を落ち着かせるなどの方法も効果的ですが、サプリメントを利用してみるというのも1つの方法です。 授乳中はお薬を利用するのはできるだけ避けたいですが、快眠でスッキリ目覚めるためにも、母乳育児のママでも安心して飲めるサプリを選んで試してみましょう。

また、昼間でも眠くなったときには5分10分でも細切れで寝るなどするだけでも脳の休憩にはなります。 体内時計を戻すために朝日を浴びたり、昼間、ウォーキングに出かけてみるなどしてみるのも効果的ですが、不眠症が重くなってきたら無理せず、専門外来を訪れてみましょう。