産後多くのママが抱えるお悩み「ダイエット」。無理のない方法、授乳中からできる方法、ママに人気のダイエット食品などを紹介しています。産後ママ必見のダイエット関連の疑問・質問、Q&Aもチェック!



授乳中痩せすぎて心配 | 授乳中のお悩み

授乳中痩せすぎる、体重が落ちすぎる

妊娠中に増えてしまった体重に「産後、ダイエットどうしよう」と頭を悩まされていたのも束の間、授乳期に体重があれよあれよと言う前に減っていく・・・これはこれで心配になってしまうものです。
一般的に授乳中の摂取カロリーは、通常よりも350kcalほど多く摂る必要があると厚生労働省からも示されています。
しかし、体調や体質などには個人差があります。
お母さんの体質の違いに加え、標準の2倍以上のペースで体重が増加しているような赤ちゃんをお持ちだったり、お子さんが双子の場合などは、妊娠前よりも体重が減ってしまうこともあります。
そんなときはお母さんの摂取カロリーを増やしてみるのもいいかと思います。
しかし、高カロリーなものばかりをを食べ続けると、こんどは母乳の質が気になりますよね。
揚げ物などの脂っこいものはとりすぎには注意しなければいけません。
体重の減りが早いとお母さんの免疫力の低下や疲れやすさなどが出てきやすくなります。
それを防ぐためには、しっかりと休むことを心がけることです。
赤ちゃんと一緒にお昼寝をしたり、お散歩も疲れがひどい時は半分だけにしたり。
また、赤ちゃんが寝てからの時間は大切な自由時間ではありますが、無理をせずゆっくり休養にあてることも大切です。 ゆっくりお風呂に入るのも疲れを取るにはおすすめです。赤ちゃんがいると自分のことは後回しになってしまいますが、体を温めることはめぐりアップにもつながるため、できるだけバスタブに浸かるようにしましょう。 最も気になる、食事内容については「バランスよく」というのはもちろん、免疫力を高める長芋、納豆などのネバネバ食材、さらに青魚や煮物などの和食を中心にするのがおすすめです。 中には貧血のために産後に激やせしてしまう方、はホルモンバランスの変化のために体重が急激に落ちてしまう方もいるため、体調がすぐれないことが続く場合は、無理せず、産婦人科を受診してみてください。