授乳中 ダイエットサプリ



産後多くのママが抱えるお悩み「ダイエット」。無理のない方法、授乳中からできる方法、ママに人気のダイエット食品などを紹介しています。産後ママ必見のダイエット関連の疑問・質問、Q&Aもチェック!



授乳中に飲めるダイエットサプリは?

授乳中も飲めるダイエットサプリ
サプリで産後ダイエットをサポート

産後のダイエットをサポートしてくれるサプリメントをピックアップしました。

ここでご紹介するダイエットサプリは授乳中でも飲めるものだけに絞っています。

産後太りは早めにダイエットするのがポイント。だからこそ授乳中から始められるものを選びましょう。
美意識高めのママのビューティーケアをバックアップしてくれるサプリです。

授乳中にダイエットサプリを選ぶ場合の3原則

「安全・安心」が大前提 妊娠中から飲めるものが基本

妊娠前の体重に早く戻りたい、という焦る気持ちもあるかもしれませんが、授乳中は特に「安全・安心」を大前提にサプリを選びましょう。

サプリは成分が凝縮されたもの。中には妊婦さんや授乳婦さんの利用を控えるよう注意書きがあるものもあるので、チェックが必要です。

サプリはお薬ではありませんから、即効性は望めません。だからこそ、じっくり続けるためにも安心して飲み続けられるものを選びましょう。

体調・体質に合わせてサプリを選ぼう

ダイエットサポートに利用したいサプリといっても色々なものがあります。

産後乱れがちな代謝を整えるのが目的ならばすっぽんなどの「アミノ酸」や「酵素」が摂れるものを。
また、頑固なお腹をなんとかするのが先決な人は「乳酸菌」や「青汁」などもおすすめです。

1人1人の体質や生活習慣によって必要としている成分は異なります。
まずは3か月続けてみるつもりでじっくり様子見を。

化学的なものよりも「自然由来」のものがベスト

サプリは栄養素がギュッと凝縮されたものですが、原料がなにかわからないものは特に授乳中には不向きです。
化学合成などで作られた栄養素よりも、自然の食物由来のものを選ぶのが安心です。

たとえばアミノ酸系ならすっぽんや黒酢、酵素ならどんな植物が原料となっているのかがわかるものを選ぶように心がけましょう。

授乳中もOK 産後ダイエットにおすすめのサプリメント

肥後すっぽんもろみ酢
黒酢312倍のアミノ酸!人気のすっぽんサプリ

体バランスが乱れがちの産後は疲れがなかなか取れなかったり、倦怠感あるという人も多いもの。これは代謝機能がうまく働いていないのが原因かもしれません。

疲れが取れない、授乳をしても痩せないなどと感じる人におすすめなのが代謝の鍵を握る「アミノ酸」たっぷりのすっぽんのサプリです。 「肥後すっぽんもろみ酢」は国産の高級すっぽんをまるごと使って丁寧に作られています。 体の中では作ることのできない必須アミノ酸だけでなく、授乳中に必要不可欠なカルシウムや亜鉛、ビタミン、さらにコラーゲンも豊富に含まれています。

アミノ酸豊富なすっぽんサプリ

肥後すっぽんもろみ酢

飲みやすいソフトカプセルのすっぽんサプリメントです。

通常:3,400円
定期コース:初回500円、2回目から2,958円(4か月以上の継続が条件)

【肥後すっぽんもろみ酢】公式サイトを確認する

OM-X
生酵素で内側からキレイ

「酵素ダイエット」は今やダイエッターの常識ですが、酵素が熱に弱いというのは意外にも知られていない事実です。
ダイエットには酵素ドリンクが人気ですが、ドリンクタイプは食品衛生法上、加熱が義務付けられています。

生酵素サプリ「OM-X」はその名の通り、65種類の野菜や果物を12種類の乳酸菌によって発酵させて作られているため、加熱は一切行っていません。

3年間の自然発酵でアミノ酸やビタミン、食物繊維、オリゴ糖、有機酸などを産生した、本物の酵素サプリメントです。

OM-X

まずは「お試しサイズ」から始めてみましょう。

お試しサイズ(7日分/21粒入り):980円

オーエム・エックス初回限定! OM-X お試しセット

お腹がすきやすい授乳中に お腹で膨らむ「えん麦」

産後太りは気になるもののどうしてもお腹がすきやすい授乳中。
食べる量を減らしたりするのはストレスがたまり、寝不足や育児などのストレスと重なってしまいます。

「食べるのが好き、でもこのままの体重じゃヤバい!」という産後ママにおすすめなのがえん麦です。

えん麦とは

えん麦は糖質の吸収を緩やかにする「低GI食品」

食後に血糖値が上昇するスピードを表したのが「GI値」です。

GI値が高い食べ物を摂取すると血糖値を下げるために大量にインスリンが分泌され、血糖値が急激に下がります。
すると甘いものが食べたくなったり、デザートが欲しくなったりという偽の食欲が起こりやすくなります。

えん麦は低GIの食品なので、偽の食欲が起こりにくくなります。

お腹の中で8倍に膨らむ

えん麦には見ずに溶ける食物繊維「βグルカン」がたっぷり含まれています。 このβグルカンはお腹の中で約8倍に膨らむという性質があり、食べすぎを防ぐことができます。

また、水に溶けたβグルカンには粘り気があるため、食べすぎてしまったものの消化・吸収を穏やかにしてくれる働きも期待できます。

お腹の中で膨らむえん麦

いつもの食事に混ぜるだけでOK

粉末タイプの「えん麦のちから」なら、いつもの食事に混ぜるだけでダイエット食に早変わり。
食物繊維たっぷりのえん麦はお腹の健康にも一役買ってくれるといううれしいおまけつき。

牛乳やスープ、スムージー、トースとやお味噌汁など、自由にアレンジできるので、ダイエット食品のように飽きることはありません。

「えん麦のちから」を公式サイトでチェック!

えん麦のちから
酵素やアミノ酸の働きで太りにくく痩せやすい体質に改善

妊娠中に増えてしまった体重を早く元に戻したいとは思いつつも、そんな簡単に痩せることはできません。
母乳をあげていると食べても太らないし自然に痩せていくと耳にすることもありますが、それは個人差がありなかなか痩せない人もたくさんいます。

体重を戻すためにダイエットに取り組めればいいのですが、子育てをしていると運動する時間を作ることは難しいので、簡単に取り入れることができるサプリを飲んでみようと考えているママ達は多くいると思います。

しかし、授乳中だと母乳や飲んでいる赤ちゃんに何か影響が出てしまうのではないかと心配になってしまいます。
サプリによっては化学物質が使われているものもあり、ダイエットのために長期間飲み続けることは、ママの母乳から栄養をとっている赤ちゃんにとってはよくありません。

赤ちゃんにも影響がなく安心して飲めるサプリとして酵素が上げられます。
酵素の働きの一番大きな点は体の代謝を上げてくれることです。
体の中に酵素はもともとあるものですが、その酵素が不足してくると太りやすい痩せにくい体質になってしまいます。酵素の働きを取り入れることで太りにくい体質に改善してくれ、ダイエットにつながります。また、消化もよくなるので便秘解消にもなります。
赤ちゃんにとっても酵素は必要な栄養素なので安心して取り入れることができます。
酵素も今は様々なものが販売されているので、その中でも無添加で、残留農薬や放射能のチェックもおこなわれているものを選んだ方が良いでしょう。

体質改善の働きをもつ酵素を取り入れることでダイエット効果が得られますが、効果を得るためにはただ飲むだけではなく、食事内容を見直したり、間食を少し抑えるなどの努力は必要です。
運動が難しいのであれば、家でも簡単にできるストレッチをしてみたり、子供と一緒にお散歩やお買い物で歩いたりと、自分でも出来ることを行った上で、体質改善の酵素を飲むとより健康的にダイエット効果を得ることができます。