産後多くのママが抱えるお悩み「ダイエット」。無理のない方法、授乳中からできる方法、ママに人気のダイエット食品などを紹介しています。産後ママ必見のダイエット関連の疑問・質問、Q&Aもチェック!



めまい・顔色・・・ダイエットしすぎ? | 授乳中のお悩み

授乳中のダイエットは「栄養摂取」が鍵!顔色の悪さ・めまいは貧血かも?

女性誌や産後雑誌、ブログなどで産んだばかりとは思えない美ボディを披露するタレントさんやモデルさんが増えていますよね。
また、いろんなところで「産後ダイエットは早めにはじめましょう」という煽りを受けて、ダイエットに焦りを感じてしまう美意識の強いママが陥りやすいのがこの症状です。

特に、母乳育児中にカロリー制限、食事制限をしてしまっている人は食事の量、栄養バランスを振り返ってみましょう。
母乳はお母さんの血液から作られています。顔色が悪い、めまいがするというのは貧血からくる代表的な症状です。
その他、まぶたの裏が白かったり、風邪をひきやすかったり、むくみやすかったり・・・貧血からくる症状は様々です。
肌のくすみや化粧のノリが悪いのももしかすると貧血からくる症状かもしれません。
授乳中特に気をつけたい鉄分の摂取量は1日あたり成人女性で12gとされています。さらに授乳中や妊娠中は1日あたり20ml、普段の7割増の鉄分が必要となるわけです。
食事量を減らしてしまうと、鉄分摂取量も減ってしまう、その結果貧血になってしまっているということもあります。
とくに鉄分と葉酸は意識して摂る必要があります。
葉酸は妊娠中だけのものではありません。別名「造血のビタミン」と呼ばれる葉酸は血液を作り出すために欠かせない栄養素です。
鉄分が豊富なレバーやかつおやマグロなどの赤みのお魚、またひじきやほうれん草など「非ヘム鉄」と呼ばれる植物に含まれる鉄分は吸収しにくいですが、ビタミンCと一緒に摂ることで、吸収しやすい形に変えてくれます。