帝王切開 ダイエット いつ



産後多くのママが抱えるお悩み「ダイエット」。無理のない方法、授乳中からできる方法、ママに人気のダイエット食品などを紹介しています。産後ママ必見のダイエット関連の疑問・質問、Q&Aもチェック!



帝王切開後のダイエット、いつから?何から?

帝王切開したらダイエットにエクササイズはおあずけ

メスで切られたカラダは思った以上にダメージがあります。 産後は通常分娩でも1ヶ月は安静機関。帝王切開のお母さんできれば3ヶ月程度は無理な運動などはせずに安静に。 お腹周りやヒップなどのたるみが気になるかもしれませんが、3ヶ月からゆっくりじっくり始めても体はそれに必ず応えてくれます。 ただし、妊娠中に体重が増えてしまった人は、食生活はカロリー控えめを意識しましょう。 とはいえ、母乳育児の場合、授乳期には置き換えダイエットのようなカロリー制限はできません。ただでさえお腹がすきやすい授乳中ですが、たとえば間食にちょっと気をつけてみましょう。 バターや砂糖たっぷりのクッキーや菓子パン、油分の多いスナック菓子などに手を出しがちな人は乳腺炎の心配もあります。 「お腹がすいたな」と感じたら、そこでひと呼吸置いて、「母乳のためにいいもの」をと考えてみましょう。 おすすめなのが「青汁+ヨーグルト」です。ヨーグルトは日々成長する赤ちゃんのために必要なカルシウム、便秘になりがちな授乳中のママに嬉しい乳酸菌などが摂れます。 また、授乳中気をつけたいのが貧血。青汁は鉄分や葉酸といった血液を作り出すための栄養素も摂ることができ、ビタミンや食物繊維も摂取できます。 ヨーグルト以外にもホットケーキを焼くときに青汁を混ぜるといったこともできるので、青汁を授乳中に常備しておくと重宝します。 もちろん、ちびっこやパパの健康のためにも青汁はおすすめですよ。